㈱日本ジープセンター通販部はジープをはじめとする四輪駆動車を専門とするプロショップです。

TEL.03-3489-5902

〒201-0004 東京都狛江市岩戸北4-17-15

R・MC-3E エンジン内部洗浄剤

R・MC-3E エンジン内部洗浄剤

 

RMC-3E

税込み価格  500ml  5,400円
2L          18,900円(ポリ容器入り)
5L 業務用(ポリ容器入り) 42,000円

こちらも当社の定番商品です。極圧潤滑油添加剤ケミチューンと同様に20数年販売を続けております。
R・MC-3Eは、エンジン内部及び排気系ターボタービンプレート等に蓄積されたカーボン/デポジットの
付着や排気系のつまりを解消いたします。この製品は、過酷な条件で使用されている船舶のエンジンや
多くの航空機エンジンにも使用されています。これら大型エンジンのみならず、乗用車、船外機、2サイクル
エンジン等あらゆるエンジンに対して効果があります。COやHCも明らかに改善いたします。

R・MC-3Eは、画期的な手順でエンジンの燃焼系統、循環路の掃除を細部までくまなくこなします。好調な
エンジンを持続させる、又は不調気味なエンジンをリコンディションさせるためには燃焼系のカーボンデポジット
の除去こそが一番必要とされる大事な事柄であって、これに比べればクランクケースやカム室のクリーニング
等は、しないよりましだ程度のもの。

R・MC-3Eは、稼働中のエンジンのインテークマニホールドから細かい霧状で吸い込ませます。まず、インテーク
バルブ傘裏にこびりつく硫黄、酸化パナジューム等の化石化した堆積物を除去します。また燃焼室に至っては
ピストンヘッド、シリンダーヘッド、噴射ノズルに付着する前出の堆積物やカーボン等を、これまた綺麗サッパリ
に除去します。

特にピストンの気密リングの溝に付着するカーボンデポジットが除去されることにより、ピストンリングの張力は
もとの新品時に戻され、爆発によるピストンの振動にも敏感に対処し、気密は保たれるのです。また、放っておくと
インテークバルブの傘裏に付着したカーボンのこぶは吸気の流れを乱し、吸入効率の悪化につながるのです。
吸入効率の悪化を見逃して排気マフラーばかり気にするのは、馬鹿げていて洒落にもならない。
リング溝に付着するカーボンタールのおかげでリングの動きが鈍り、リングは360度シリンダーに対して均一な
圧力がかからず、圧縮は下がりパワーダウンしリングを吹き抜けるブローバイガスの量は増え、オイルは汚れ
カーボンパティキュレートを多量に含んだブローバイガスはEGR装置によりインテークマニホールドに戻され、
またインレットバルブ傘裏にカーボンの付着という悪循環を繰り返す。

またディーゼルエンジンでは、噴射ノズルの先端に固着するデポジットに阻害され、噴射される軽油が均一性
を欠くことになり、濃淡薄の状態にあるため、濃い部分の炎伝播は遅くなり燃えきらずに黒煙となって外に排出
されます。これらの解決をも含めてRMC-3Eは、内燃機の守り神的なケミカルなのです。

全ての内燃機関はその燃焼行程において完全燃焼はしません。そしてその不完全燃焼は、汚染物質を形成し
その繰り返しによってエンジン内部にカーボン等が付着蓄積されるのです。
この付着蓄積したカーボン等が正常な空気吸入を妨げたり、正常な燃料噴射を妨げ不完全燃焼を増長させ、
ますます不燃物質を増やす悪循環になります。内燃機関洗浄剤R・MC-3Eは、不完全燃焼の繰り返しによって
エンジン内部に付着蓄積したカーボン等を除去し、より新車時のコンディションに近い状態に戻す洗浄剤です。

R・MC-3E洗浄液は、ノルウェイ・リバネス社によって開発され、1974年英国特許に基づき製品化され、
船舶用、陸上用、航空用を問わず、ディーゼルエンジンやガソリンエンジンやガスタービンの内部堆積物を
排除或いは形成を防止する目的で設計されました。もちろん、各航空機会社でも使用されています。

総じて下記5項目を先んずる商品は、現在のところ世界にありません。
①石のように化石化してこびりつく不燃堆積物の除去によりエンジン部品の寿命を向上させる。
②成分解度はOECD基準を完全に満足させるものである。
③潤滑油やエンジン部品に対して、無害である。このことは有力エンジンメーカー他で実証済み。
④エンジンの良好な爆発状態を長期に亘り維持する。
⑤燃料消費と排出ガスの値を新車時又はカタログ値に限りなく近づける。
以上

 

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>