純正幌の研究


はじめに

三菱ジープの純正幌については、分かっているようでわからない事が実に多いと思います。過去2年間、葛飾区の幌屋さんと純正幌の代替幌を製作した経験も交えて、誰もやったことがない純正幌の研究を行う予定です。純正幌の変遷を大きく捉えると、ナロー時代のリア別体式、ワイド時代のリア別体式とワイドのリア一体式に区別されます。ナロー時代も初期はフロント固定部分はレール式で、その後ひねりタイプに切り替わり、ひねりタイプもワイド化で設置間隔が微妙に変更されています。調べれば調べるほど新事実が明らかになりますので、私のライフワークになりそうです。そして目指すところは、葛飾の幌屋さんとのコラボレーションを復活し、第一段階として1980年10月以降に生産されたワイド・リア一体式ホック固定の幌の既製品を世に送り出すことです。


純正幌骨テンションベルト仕様のイラスト(ワイド車でホック固定式のもの)


純正幌骨テンションベルト仕様の画像(ワイド車でホック固定式のもの)


各幌骨の名称

 

★テンションベルト付きの幌骨のボウトップリア部は可動式です。

 

通常はこの画像のようにやや上方方向に向けて固定致します。

 

純正幌骨部品番号の推移サマリー表


 

 

対象となる車両の具体的な範囲(上記幌骨に対応する車両:黄色で着色)

1981年1月~の81型車両以降が対象となります。詳細は後述しますが、これ以前の車両ではドアの筋交い形状が異なっています。

      

対象となる車両のドア形状

非常に細かい相違点ながら、対象となるドアの筋交いは水平方向のもののみとなります。斜め筋交い車両は対象外です。


      

対象となる車両のドア部品番号

完全な既製品化のためにはここまで押さえておく必要があります。


      

 

葛飾区の幌屋さんとの共同作業による完璧幌の完成画像

 





三菱ジープ互助会メンバーから頂戴した純正幌の画像(細部編)

北海道のふんころがしさん、佐賀のカクさんにご協力を頂きました。

①Bピラー上部の仕上げ(最終記念車両用のためオリーブ色となります)

 

②ドア開口部Bピラー室内側の仕上げ

 

③ドア室内側の仕上げ

 

④ドアウエザーストリップの仕上げ

 

⑤リア天井部テンションベルト画像

 

⑥リアリアの縫製画像


⑦リアリア運転席後方のバタつき防止固定部品


⑧幌を畳んだ図


この黒の幌は、最終記念車両用のものではなく標準車用のもの。

⑨Bピラー運転席上部の雨どい部分の画像(幌製作時の肝となる部分です)




















⑩その他参考画像(バンダムさん提供)